スウィングセラピーの整体院【洗足池整体院】東京都大田区

洗足池整体院 TEL:03-3748-0438

脱“痛み” スウィングセラピーで癒しながら「痛み解消」

院長メモ

2016/12/01 【施術例 手首痛】
60代女性

「数日前から右の手首が痛い」
とご来院になりました。

立ち上がる時などに手をつくと
肘まで痛みが走るという事でした。

腕の状態をみてみますと、
筋肉の硬縮が強く、
肘関節の動きが悪くなっていました。

手首周りの細かい骨も
ゆ着気味でした。

早速、肘〜掌〜指にかけての筋肉を
ストレッチをまじえながら
念入りにほぐしていきました。

数日前に重たい荷物を持って
長時間歩いたとのことで、
お身体に歪みもございましたので、
うつ伏せになっていただき
足・骨盤・背骨の調整もしました。

再度仰向けになって頂き腕をみてみますと、
腕〜手首がさらに良い状態になっていました。
首の調整も入れ、終了となりました。

施術後は
「手をついても痛くない!」
と喜んでいただけました。

手首や腕は、
毎日使う部位なので、
治るのに時間がかかる箇所です。

早めのご来院が幸いし、
今回は1回で痛みが取れましたが、
再発防止のために、しばらくの間
ご自身でのストレッチを
おすすめしました。


(担当 かみだ)


-----------------------------------------
2016/11/18 【施術例 倦怠感】
先日、40代男性が
全身のダルさでご来院されました。

お聞きしますと、
お仕事で出張などが続き
一段落したところで風邪を引いてしまい
高熱がでたとのこと。

「今はとにかくダルい!」
との訴えでした。

お熱がある場合、
施術で悪化してしまうことがありますので、
お熱がない事を確認し施術にはいりました。

うつ伏せになっていただき歪みをみますと
左右の歪みじたいは少ないものの
腰、背中の張りは相当なものがありました。

高熱のため、寝てる事しかできずに
固まってしまったようです。

まず、上半身を中心にゆるめていきました。
すると、自然と関節の動きがでてきて
呼吸も深くなるのがわかりました。

つづいて、
ストレッチを交えながら
足と骨盤まわりをほぐし
歪みをととのえ終了しました。

お帰りの際には
「すっきりした! 明日から仕事にいける!」
とおっしゃっていただきました。

楽になったとはいえ
病み上がりなので
ご無理されなければ
よろしいんですが…。


(担当 かみだ)


--------------------------------------------
2016/11/02 【施術例 首〜背中痛】
30代男性

うがいなどで上を向くと
首から背中にかけて痛い!
という主訴でご来院されました。

気がついたら痛みが出だして1週間。
痛みも増してきたとのこと。

ご自身で普段の姿勢の悪さも
気にしておりました。

まず仰向けになって頂いたところ
顎が上がった状態でした。

こういう方は、お背中が丸く、
首の筋肉が収縮していることがほとんどです。

お首をさわってみますと、やや炎症もあり
上から4、5、6番目の骨に関しては
つまって固まった状態でした。

炎症がございましたので、
患部周辺の筋肉をゆるめながら
軽目のけん引を繰り返しました。

上がっていた顎も、しだいに下がりはじめ、
うつ伏せの体勢になっていただきました。
丸くなったお背中の改善をはかり、
全身をほぐしていきました。

最後にもう一度仰向けになっていただき、
首、頭、顔、腕をゆるめて終了しました。

終了後は「全然違う!」と言って頂けました。

「定期的にメンテナンスをして
普段の姿勢も気を付ける!」
ともおっしゃっておりました。

お身体の状態に自分で気がつき
注意するというのは、とても大切なことです。
ぜひ続けていただきたいと思います。


(担当 かみだ)



----------------------------------------
2016/10/17 【施術例 首痛】
30代女性

左の首から肩にかけての痛みで
ご来院されました。

朝、目覚めたら痛みがあり、
だんだん広がってきたとのこと。

まずは仰向けになっていただき、
首の状態をみてみますと、
炎症はなさそうでしたが、
左の肩甲骨〜首にかけて
筋肉の強い硬縮がありました。

首の筋肉をゆるめた後、
うつ伏せになっていただき
固まった肩甲骨周りを念入りに
ほぐしました。

再度、仰向けになっていただき、
首、頭もしつこくゆるめ、
首と関係が深い腕にも手をいれていきました。

腕をしっかり緩めるだけで
首の緊張がとれる場合も
よくあります。

最後に、
こちらも首と関係の深い脇の下を
ストレッチ・押圧でゆるめました。

仕事で重たいものを良く持つとおっしゃるので、
首のストレッチ、腕のストレッチ、
そして、ほぐし方をお教えして終了しました。

「来たときよりもだいぶ楽になった」
と喜んでいただけました。

この方の場合は
状態が随分ひどかったので、
翌日の方がより楽になるケースです。

また、痛みが出た当日のご来院でしたので、
改善も早いと思います。

(担当 かみだ)


-----------------------------------------
2016/10/04 【施術例 腰痛】
70代女性
腰痛でご来院されました。

「風邪で寝込んで以降、なかなか治らない」
とのこと。
「前かがみ」が特におつらい状態でした。

早速、お身体の歪みなどをみました。
骨盤のすぐ上の腰骨が2つ(4番目と5番目)
が、あまり動いていない状態でした。

骨盤の右側にも動きの制限があり、
右股関節につまりもありました。

まず、腰の筋肉をほぐしていきました。
筋肉がゆるむにつれ、腰の骨の間が開き、
動くようになりました。

骨盤の方も筋肉をゆるめただけで
癒着がとれ、整いました。

つづいて仰向けになっていただき、
ももの前の筋肉をほぐしました。

ももの前は股関節と関係の深い筋肉です。
ここと骨盤周りの筋肉がゆるみますと、
股関節のつまりはほとんど改善します。

股関節の調整をして
つまりがとれたのを確認後、
終了となりました。

お帰りの際は、痛みも楽になり
「前屈がスッと出来る様になった」
とおっしゃって頂きました。






---------------------------------------
2016/09/20 【施術例 肩こり】
20代女性
肩コリがつらく、頭痛になりそう、
という方がご来院になりました。

首から肩にかけての筋肉の硬直がひどく、
一度ゆるめてもすぐに戻ってしまいます。

ストレッチを交えながらしつこく
ゆるめていきました。

お聞きしますと、
「普段から職場の冷房が強めで、
仕事終わりには冷え切ってしまう」
との事でした。

施術後は、顔まわりがすっきりして
血色も良くなられました。

薄手の物を羽織るだけでも
改善されると思いますが、
シャワーのみじゃなく睡眠前の入浴も
とても効果的だと思います!

過ごしやすい季節になってはきましたが、
お身体を冷やさないよう、体調にも
気を付けてほしいと思います。


(担当 かみだ)



---------------------------------------------------
2016/09/06 【施術例 こめかみの痛み】
30代女性 
こめかみの辺りが痛いという主訴で
ご来院下さいました。

パソコンを使う仕事の様で、
眼精疲労もあるとの事でした。

まず仰向けになって頂き、
状態をみてみました。

首はストレートネックになっており
頭蓋骨には「あそび」がありませんでした。

首の湾曲を付けるように筋肉をゆるめ、
頭蓋骨の縫合の部分をゆるめていきました。

目の周りの筋肉も硬直していましたので
しっかりとゆるめました。

施術後は
「頭痛もなくなり楽になった」
とおっしゃっていただきました。

仕事中の姿勢なども大切ですが、
仕事後のケアがとくに大切だと
思います。

ー鵑離好肇譽奪
¬椶亮りを温める
この方の場合はこれだけで
予防になるかと思います。


(担当 かみだ)

 
                    
------------------------------------------------
2016/08/22 【施術例 足底腱膜炎】
整形外科にて足底腱膜炎と診断された
40代女性がご来院下さいました。

下肢の状態を確認しますと、
ふくらはぎの筋肉の張りが強く
柔軟性がない状態でした。

足裏全体もアーチが少なく
硬直していました。

さらに痛みのある右足が1・5センチほど
短くなっている状態でした。

歪みをとりつつ、筋肉もゆるめ
施術後、痛みも楽になったようです。

毎日使う足裏なので、足裏のストレッチを
お教えして終わりました。

痛みが完全に取れるまでは
お時間が掛かる場合も多い症状ですが、
今回の様に早めに対処されると
改善もぐんと早くなります。


(担当 かみだ)                        


------------------------------------------
2016/08/03 【施術例 右手のしびれ】
先日、「右手先がしびれる」という主訴の
40代男性がいらっしゃいました。

まず仰向けになって頂き、
首の状態をみてみますと
首の右側が硬直していました。

骨の動きも悪く、
上から6番目と7番目の骨に
つまりもございました。

首の筋肉をゆるめて
骨の動き・つまりの
改善をはかりました。

うつ伏せになって頂き状態をみますと、
背中の骨も全体的に動きが低下していました。

背中の上部の骨がつまりますと、
腕のしびれの原因にもなりますので
左右のお背中もしっかり施術しました。

再度、仰向けになっていただき、
さらに頚椎のつまりをとり
終了しました。

今回の患者さんは
デスクワークがお忙しいらしく
運動不足も続いているようです。

一度腕のしびれが出ますと、
繰り返すこともよくあります。

首、肩、背中の筋肉を
柔軟に保つ事が大切に
なってきます。

日常、ご自分で簡単にできる
ストレッチをお教えしました。
習慣になるまでは大変だと思いますが
根気よく続けていただければと思います。

(担当 かみだ)                      


---------------------------------------------
2016/07/19 【施術例 股関節の痛み】
先日、左の股関節が痛いという主訴の
40代女性がいらっしゃいました。

股関節の痛みを我慢していたら、
左の腰まで痛みが出てきたようです。

歪みを見てみますと
左半身の筋肉が硬縮して
2僂曚漂限が短くなっていました。

股関節まわりの筋肉をゆるめ、
骨盤のねじれもストレッチを交えて
もどしていきました。

足の長さ、骨盤の歪みも整い
お帰りの際には痛みもなく、
「ズボンがゆるくなった」と
おっしゃっていました。

痛みが再発しないように、
歪みに合ったストレッチも
お教えしました。

日頃の癖などで生じる歪みを
その日のうちにリセットすることが
大切だと思います。

(担当 かみだ) 



--------------------------------------
2016/07/09 【施術例 お尻の痛み】
70代の女性が、ご紹介で
遠方からいらして下さいました。

2年程前から右のお尻に痛みがあり、
ここ1ヵ月は痛みも強く、
毎日湿布を貼ってお過ごしとのこと。

まず、うつ伏せになっていただき、
状態をみました。

大きなゆがみは無いものの
お身体全体が硬縮していて、
痛みのある右のお尻周りは
とくにカタくなっていました。

足腰中心に全身をゆるめた後、
横向きになって頂きました。

股関節周りの筋肉をほぐし、
仰向けで股関節の動きをつけて
終了しました。

ご年齢のわりに筋肉はしっかり
されていましたので、
「筋肉の柔軟性が戻れば
痛みもなくなるのでは…」
とご説明いたしました。


その後、3回ほどの施術で改善しました。
が、ほどなくヨーロッパ旅行に行かれ、
再発してしまいました。

「旅行中は大丈夫でしたが、
帰国後にまた右のお尻が…」
とのことでした。

旅行後の施術を最後に
右臀部の痛みは出なくなりました。

現在は疲労回復・肩こり等で
年に数回ほどご来院下さいます。

(担当 石川)


-----------------------------------------
2016/06/28 【施術例 下半身のだるさ】
40代女性 

「下半身のだるさが抜けない」
という主訴でいらっしゃいました。
お聞きしますと、座り仕事が
12時間以上も続くようです。

下半身全体のむくみがひどく、
ふくらはぎにいたっては
うっ血していて血色も悪く
なっていました。

うっ血した血液を
少しずつ心臓に戻す様に
意識しながら施術をしました。

みるみる血色も良くなり、
施術後は「軽くなった」と
喜んでいただけました。

お仕事がお忙しいのは
仕方がないので、
適度に休憩を挟み
歩くだけでも違うと思います。

休憩が難しいようでしたら、
「同じ姿勢で固まらない」
という事を意識されるだけでも
予防になるかと思います。

ご無理はされません様に。

(担当 かみだ)


-----------------------------------------
2016/06/15 【施術例 頭痛】
小学生の女の子が
お父様に連れられて
ご来院されました。

ひどい頭痛で、ここ2日ほど
学校を休んでいるとのこと。

薬が効かず、ご来院時は
痛みもピークだったようです。

まず仰向けで首の状態をみました。
首の骨が全体的につまっていて、
上から2番目と3番目の骨は
左側にずれていました。

痛くないよう出来るだけソフトに
首の筋肉や頭皮をゆるめ、
『首の骨と骨の間を
10分の1ミリづつあける』
そんなイメージで軽ーく牽引。

ソフトにほぐして、軽ーく牽引、
頭皮をゆるめて、軽ーく牽引、
を繰り返し、8割がたほぐれたところで
うつ伏せになって頂きました。

がっちりカタまった肩・肩甲骨周りも
ソフトに根気よく、しっかりほぐしました。

骨盤の歪みはありませんでしたが、
全身の血行促進のために足腰も
少し施術しました。

再度仰向けで腕や鎖骨下も確認し、
首を整えて終了しました。

娘さんが受付に戻ると、お父様が
「顔色が良くなって、表情も変わった」
と大変お喜びでした。


数日後、お母様が施術にいらして、
「帰宅後、ほどなく頭痛がすっかり良くなり、
夕方から習い事に行った」
とご報告くださいました。


近年、小中学生が頭痛を訴えて
いらっしゃることが随分増えました。

(担当 石川)


--------------------------------------
2016/06/07 【施術例 足があがらない】
60代女性

前日、歩きすぎて朝起きたら
右足があがらないとのこと。

うつ伏せになって頂き、
骨盤の歪みをみますと、
右側の股関節まわりの筋肉と
右側の腰の筋肉が硬縮していて
大きな歪みがございました。

骨盤の歪みをとり、
再度仰向けになって頂き、
ももの前の筋肉もゆるめました。

最後にももの前のストレッチを
お教えし終了しました。

お帰りの際には足もあげやすくなり、
「楽になった」とおっしゃっていました。

普段より過度の負担が掛かった時は、
お休み前に少しストレッチをされるだけでも
随分ちがうものです。

(担当 かみだ)



------------------------------------
2016/05/27 【施術例 顎関節症】
30代女性

1ヵ月前から左の顎が痛く、
口を開けられないとの訴え。
食事もわずかな隙間から
摂っている毎日。

歯科医院でマウスピースを
つくってもらっていて、
もうすぐ出来上がるとのこと。

まず、仰向けになって頂き、
噛むときに使う筋肉を中心に
ゆるめていきました。

頭部や首の筋肉もほぐした後、
いったんうつ伏せに移行。

肩や腕、背中なども
かなりカタく、
足腰まで施術する時間が
ありませんでした。

再度、仰向けで
顔、頭、首の筋肉を
しっかりゆるめ、終了しました。

指2本分しか開かなかった口は
指4本分開くようになりましたが、
まだ思いっきりは開けません。

顎関節症に効く簡単な
セルフ・マッサージと
日常生活での注意点をお教えし、
1週間ほど続けていただくよう
お伝えしました。


2週間後、
背中〜腰痛で再来院
下さいました。

顎の方は随分良好で、
出来上がったマウスピースは
一度も使わなかったと
おっしゃいました。

ただ、お教えしました
セルフ・マッサージは
一度もされておらず、
「あくびの時は少し痛い」
とのこと。

再度、顎周りの施術をお入れし、
さらに改善するとは思いますが、

お教えしたマッサージは
短期間で効果がありますし、
顔のむくみ・たるみの
予防にもなりますので、

「もし痛みが続くようでしたら
お試しになってみては・・・」
とやんわりおすすめしました。

(担当 石川)



----------------------------------
2016/05/06 【施術例 股関節痛】
40代男性
6か月ほど続く、左の股関節痛でご来院。

歩行時の方向転換、車の乗り降りなど、
足先が外側に向いた時、
とくに痛むとおっしゃいました。

「色々な治療を受けた」
「少し楽にはなるが、翌日にはまた痛む」
とのこと。

歪み等を診ますと
骨盤と股関節、両方がずれていました。

まず、うつ伏せで全身の筋肉をほぐし、
骨盤を調整しました。

つづいて横向きになって頂き、
股関節周りの筋肉をゆるめ、
最後に仰向けで股関節を調整し、
施術は終了しました。

そして、
・股関節の痛みが治らない理由
・すぐに痛みが再発してしまう理由
をご説明しましたら、
「とても納得できた!」
とおっしゃって頂きました。

この患者さんの場合
股関節の歪んでいる方向が悪く、
股関節を安定させるには
施術だけでは不十分でした。

とても簡単な筋トレを2つ
ストレッチを2つ
お教えいたしました。

筋トレとストレッチ合わせても
3分程のエクササイズですが、
「3週間〜2か月続ければ
日常生活で痛むことはなくなるでしょう」
とお伝えしました。


その後、
ひと月過ぎた頃にご予約が入りました。

「痛みはもうない」とのこと。
「今日は股関節がつまってる感じ」
というのが主訴でした。

おしり〜足全体がとてもカタく、
足裏までパンパンでした。
ご本人にお伝えすると
「今日は結構歩いた」
とのことでした。

前回お教えした筋トレを
まだ続けていらっしゃたので、
さらに筋トレを1つ、ストレッチを1つ
お教えいたしました。

少し増えましたが、
それでも全部で5分とかからない
エクササイズです。

より早く、よりしっかりと
股関節が安定しますし、
いったん改善しますと
エクササイズをやめても
長期にわたって
症状が出にくくなります。

(担当 石川)

--------------------------------------------
2016/04/18 【施術例 めまい】
60代男性がめまいでご来院。

寝ている状態から起き上がる時に
ひどいめまいが起こり、しばらく続くとのこと。
「病院では三半規管の異常が原因と言われた。」
とご本人。

まず仰向けで首の状態をみました。
右の首〜肩に強いこわばりがあり、
じっくり筋肉をほぐしました。

続いて、うつ伏せになって頂きましたが、
この時、すでに「めまいが楽になってる」
とおっしゃいました。

背部の状態をみますと、やはり
肩〜背中も右に強いコリがありました。
右腕を含め、右の上半身全体をゆるめ、
左上半身にも少し手をいれました。

再度仰向けになって頂き、
首、頭部、腕、鎖骨周辺をゆるめて
終了しました。

治療ベットから起き上がった時には
「まだ少しあるけど、だいぶ違う!」
とおっしゃって頂きました。

2週間後、海外出張のため、
「予防で!」と再来院くださいました。

「翌日には9割良くなって、
その後1週間くらいで治った。」
とご報告いただきました。

それからもお疲れの時に
ご来院くださいますが、
2年近く経った現在も
めまいの症状は出ていないとのこと。

「めまい・耳鳴り・難聴は首のコリが原因!」
とおっしゃる耳鼻科のドクターがおられますが、
今回はそのケースだったようです。

症状が出てから早めにご来院いただいたのも
功を奏したんだと思います。

(担当 石川)



---------------------------------------------
2016/04/13 【敬服】
5年ほど前の新聞の切り抜きを見つけました。

大田区在住の75才女性が
マラソンでマスターズ世界新記録を樹立!!
というものでした。

記事の内容ですが、
ご本人いわく、
「運動神経はいい方じゃない。」

「選手で活躍したこともない。」

「無理をせず楽しくやってきた。」

「苦しかったらレース中でも横になって昼寝をする。」

遠方へのレース出場資金を捻出するために
75才の現在も介護施設で働いている。

と、ここまでが記事の内容です。

今はどうされているのかと思い、
その後を調べてみますと、
80才になった今でも現役でした。

この5年の間に
マラソン以外でも
世界記録や日本記録を樹立し、
さらに100キロマラソンも完走。
有名な方でした。

2016年2月の東京マラソンにも出場し、
世界記録とわずか3分差だったようです。

この女性がマラソンを始めたのが70才。
ビックリしましたが、
思い起こせば、
過去にこんな患者さんが
いらっしゃいました。

60才で
少林寺拳法をはじめた女性。

60代後半で
本格的登山をはじめた女性。

80歳で
居合道を始めた男性。

83歳で
韓国語を始めた女性。

90才過ぎて
囲碁を始めた男性。
などなど。

みなさまの好奇心とパワーに
あらためて感服いたしました。


--------------------------------------
2016/04/01 【施術例 ひじ痛】
40代男性
2週間続く両ひじ痛でご来院。
最近は右の背中も痛むとのこと。

まず、仰向けで
左右の肘〜手首をほぐしました。
筋肉がカタいわりには緩みやすく、
早めにうつ伏せに移行しました。

上半身の状態を診ますと、
両肩、そして右の背中がカチカチでした。

左右のバランスを考えながら、
上半身をゆるめていき、
少し歪んだ骨盤も整えました。

仰向けの状態にもどっていただき、
今度は肩〜ひじ〜手首〜手の平と
両方の腕全体をほぐしました。

首や後頭骨もだいぶ凝っていましたので、
最後にゆるめて終了しました。

ひじ痛は、ひじ〜手首の筋肉の硬縮が
ほとんどの原因です。
時間のかかるケースもありますが、
今回は早めのご来院・施術が功を奏したようです。

1年程してご来院の折に、
「あの時のひじ痛はすぐに良くなった」
とご報告いただきました。
「その後も出ていない」
とのことでした。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2016/03/15 【施術例 かかと痛】
60代 女性
右のかかとの痛みでご来院。

6か月前からずっと痛く、
病院や接骨院にも通ったが、
良くならないとのことでした。

まず、うつ伏せで状態を診ました。
右のふくらはぎ〜足裏はパンパンで
アキレス腱が今にも切れそうでした。

6か月もの間、右かかとをかばっていたせいか
反対の左足も全体的に強い硬縮がみられました。

早速、左右のおしり〜足裏を十分にほぐして
下肢全体の血行促進を図りました。

続いて、
右のふくらはぎ・土踏まずを
集中的にさらにゆるめていき、

最後に
切れそうなアキレス腱から痛みのあるかかとに
治療器で熱を入れ、終了しました。

施術後は足をついても痛みが無く、
驚いていらっしゃいました。
痛みのあった期間が長いので、
再発の可能性もお話ししました。

院を後にし、
お帰りになったかと思いきや
わざわざお戻りになって

「やっぱり痛くない!」
と嬉しそうにご報告下さいました。

私どもの嬉しい瞬間でもありました。
お大事にされてください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2016/03/03 【花粉症】
今年も花粉症の時期が到来しております。

ヨーグルトで腸内環境を整え、
体質改善をすることによって
花粉症が治まったり、症状が軽減したり・・・
という話は聞いたことがあると思います。

今回は順天堂大学・小林弘幸教授の
すすめるヨーグルトの食べ方を
ご紹介します。

。影の摂取量 200帖

∨萋食べ続ける。
 乳酸菌は48時間で体外へ出てしまうので。

「食後」に食べる。
 空腹時に食べると胃酸が強く、
 乳酸菌の働きを弱めてしまうので。

て酸菌の栄養となる食物繊維(キウイ、バナナなど)や
 オリゴ糖と一緒に食べる。

ゼ分に合う菌を見つける。

以上の5つです。

最後の「自分に合う菌」の見つけ方ですが、
1週間〜2週間同じ種類を食べ続けて、
合う・合わないを判断します。

判断のポイントは下記の通りです。
(慊未良くなった。
疲れにくくなった。
睡眠の質が良くなった。
とが潤ってきた。

また、ヨーグルトを食べてお腹が張るのは
腸の環境が変わったためで、
異常ではないとのこと。

ただ3〜4日で治まらない場合は
「合わない」と判断して別のヨーグルトを!


《花粉症の緩和》
伊藤園 朝のYOO (フェリカス菌)

《花粉症・アトピー症状の緩和》
オハヨーL-55乳酸菌 (L-55乳酸菌)
おなかへGG!(LGG乳酸菌)

《花粉症の緩和・大腸がんの予防》
森永ビヒダス (ビフィズス菌BB536)
ヤクルト ソフール (乳酸菌シロタ株)

《花粉症・アトピー症状の緩和》
タカナシヨーグルトおなかへGG! (LGG乳酸菌)
メイトーヨーグルト おなかで増えるLKM512 (ビフィズス菌LKM512)

《花粉症・インフルエンザの予防》
明治ヨーグルトR-1 (1073R-1乳酸菌)

《便秘の改善・美肌効果》
明治ブルガリアヨーグルト (LB81乳酸菌)
ダノン ビオ (ビフィズス菌BE80)

《ピロリ菌の抑制》
明治プロビオヨーグルトLG21 (LG21乳酸菌)

《内臓脂肪の低減》
恵 長くとどまるガセリ菌ヨーグルト (ガセリ菌SP株)

などなど。

以上、患者さんから教えて頂きました。
Kさん、詳しい情報を有難うございました。


自分の腸内環境に合ったヨーグルトを
見つけることができれば、
『風邪予防』や『冷え改善』にも効果があるようです。
ご興味のある方はぜひお試し下さい。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2016/02/21 【施術例 後頭部痛】
60代 男性

1〜2週間前から左の後頭部が時折痛むとのこと。
脳神経外科で検査したが、脳に問題はなく、
「頸椎の6・7番のつまり」が原因と診断。

まず、仰向けで首の状態を診ますと、
確かに頚椎がつまっていました。
そして、痛みの出る左後頭部から左首、
さらには左肩まで強いコリがありました。

うつ伏せになっていただくと、
肩〜背中〜腰の筋肉も左半身が
より硬縮していました。

骨盤調整も含め、全身のバランスをとった後、
もう一度、首や後頭骨をゆるめて終了しました。

施術後、状態をご本人に伝えますと、
「受けていて、左半身が固いのが自分でもわかった。」
とのことでした。

腕や肩甲骨周辺の疲れが、
後頭部痛として現れることは
よくあります。
などとご説明を続けていますと、

「そう言えば…、
ゴルフのスイングを変えた晩に痛くなったなぁ。」
とおっしゃいました。

もしスイングを変えたのが、
今回のコリや痛みの原因だとすると、
練習(打ちっぱなし)を抑えることによって
再発が防げるはずです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2016/02/10 【施術例 手のしびれ】
40代女性
右手のしびれ・頭痛

2週間ほど前、右手がしびれ出し整形外科へ。
「ストレートネックが原因」との診断を受ける。
その後、多少楽になっていたが
4日前から状態が悪化し、ご来院。

まず仰向けで首の状態を診ますと、
ストレートネックに加え、
首の上から3〜5番目の骨を中心に
首全体がつまっていました。

最初に首と後頭部の筋肉を軽めにほぐし、
次にうつ伏せで肩・背中を中心に体全体を整えました。

もう一度仰向けになっていただき、
首の筋肉、さらに目の周りや頭全体をゆるめて、
最後に首の牽引を入れ、終了しました。

お帰りの際には
「右手のしびれ・頭痛ともになくなった」
とのことでした。

5ヶ月後、頭痛で再来院。
前回の施術後からずっとシビレは出ていないと
ご報告いただきました。

何カ月も続いた手や腕のシビレは、
時として時間がかかりますが、
今回のケースは早めのご来院でしたので、
予後も良好で安心しました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2016/01/21 【施術例 左肩が鳴る、股関節痛】
大学受験をひかえた女性が
お父様のご紹介で
いらっしゃいました。

試験勉強でずっと左ひじをついていたら
左肩がコキコキ鳴りだし、
どんどんヒドクなってきたとのことでした。
そして、左股関節も痛いと・・・。

うつ伏せになって頂くと、
左半身全体が縮む形で弓状に曲がっていました。

左半身を中心に全身をゆるめ、
身体全体を整えました。
次に横向きで左股関節の動きを改善させ、
最後に仰向けで左肩を調整しました。

終了後、肩を動かしながら
「いつもこうやったら音が鳴るのに鳴らなくなった」
とビックリされていました。

足を上げたり、回したりした後、
「ここ(股関節)の痛いのもなくなった」
とおっしゃって頂きました。

股関節痛は
「そのうちに治るだろう」
と思って放っておいても
少しづつ悪化するケースがほとんどです。

今後、股関節の痛みが出たときは
早めに対処された方がいいですよ、
とご説明して終了しました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2016/01/15 【詩歌】
ふたたびは 
来たらぬものを 
今日の日は
ただほがらかに 
活きてぞたのし

中村天風(思想家・実業家)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2015/12/01 【あなたまかせ】
早いもので、
今年も師走を迎えました。

前回の院長メモで、
糖尿病は働き過ぎが原因の場合も多い!!
と書きましたが、
必ずしも働き過ぎ⇒糖尿病
というわけではありません。

働き過ぎによる過度のストレスが
すい臓に現れると糖尿病になります。
胃に現れると胃潰瘍になったりします。

内臓ではなく、頭痛や肩こり、
時には腰痛として現れる方も
沢山いらっしゃいます。

人それぞれ身体の弱っている部位
もともと弱い部位に症状が現れるのです。

今の日本でストレスと無縁に過ごすことは
なかなか難しいかもしれません。

しかし、
意識的に肩の力を抜いて
暮らすことができれば
ストレスの影響は随分減るのではないでしょうか。


ともかくも / あなた任せの / 年の暮れ

「あなた」とは仏様のことです。
自然の流れに身をまかせ
平穏に年の瀬を迎えた
小林一茶の句です。

皆様が、穏やかな年の瀬を迎えられますよう
お祈りしております。


-------------------------------------------
2015/10/12 【糖尿病】
ぜいたく病と言われる糖尿病ですが、
日本人の糖尿病は働き過ぎが原因!
の場合も多いという文献がありました。

‘き過ぎ→
過度のストレス→
3萓酸素の大量発生→
い垢ぢ,鮃況癶
ゥぅ鵐轡絅螢麒泌の低下→
Ψ貪値の上昇→
糖尿病
 

もし糖尿病の原因が肥満であれば、
食事制限やウォーキングは
とても効果的です。

しかし
過労やストレスが原因の場合、
食事制限は逆効果になりかねません。

空腹感が増し、交感神経が緊張しますと、
血糖値がますます上がる原因になります。

働きすぎ・ストレスが原因かも・・・
と思い当たる方は、
無理をやめて副交感神経を
優位にさせることが第一です。

つまり、
生活の中でリラックスする時間を増やす、
そんな工夫が必要なようです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2014/09/13 【詩歌】
約100年ほど前、
1912年の今日9月13日は、
明治天皇の大葬が行われた日だそうです。

明治天皇はとても多くの歌をお詠みになっています。
その中の一首です。

とこしえに 民やすかれと いのるなる 
わが世をまもれ 伊勢のおほかみ

(永遠に人々が安らかに暮らせるように祈りを捧げよう。
 伊勢の大神よ、どうか世の中を守ってください。)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2014/05/19 【施術例 寝違え】
50代女性 

1週間前、寝違えて朝一番で整形外科医院へ。
首を牽引したらもっと痛くなってしまい、
痛み止めの薬も効かなかったとのこと。

来院時、首を動かすと左右ともに痛みがあり、
とくに右の痛みが強い状態でした。

まず仰向けで首の状態を確認しますと、
肩こりの延長で首まで固くなっているのが
わかりました。

早速、うつ伏せになって頂き、
肩・肩甲骨を中心に全体をゆるめました。
もう一度仰向けで首と肩のバランスをとり、
終了しました。

後日、
「翌日にはほとんど痛みがなかった」
とご報告いただきました。

寝違いは言い換えますと、
「ぎっくり首」です。

ぎっくり腰と同じで、
筋肉の継続的な強い硬縮が
ほとんどの原因です。

予防には
日頃からの適度な運動や
ストレッチなどが最適です。


(担当 石川)


-------------------------------------------------
洗足池整体院 TEL:03-3748-0438 東京都大田区上池台2-32-5